ヘッドポーター

ヘッドポーター 吉田カバン正規品 ヘッドポーター財布、ヘッドポーターバック、吉田カバン財布、吉田カバンコラボなどを通販
YAHOOストアにも出店しました!! ヘッドポーター 吉田カバン通販 AMAX

TOP ヘッドポーターINDEX about arkz ヘッドポーターサイトマップ 特定商法上の記載 
ヘッドポーターについて
ヘッドポーター管理人BLOG BBS
ヘッドポーター通販TOPヘッドポーターシャチ
へっどぽ^−ターのシャチシリーズのネーミングは、海の動物シャチの独特な配色を模したところからきている。パイピング使い(外枠をライン上にするデザイン)がヘッドポーターらしく、とてもグット。PVC(ポリ塩化ビニール)加工も素材に施され、そのため通常のナイロンよりも強度がある。撥水性にも優れているために、つまり雨の日でもへっちゃらなうれしい素材。このため通学、旅行、ストリートなどいろいろなシーンで使えるためヘッドポーターの中で人気が高い。
TOPヘッドポーターシリーズINDEXabout arkzFAQ
ヘッドポーターシャチの
バックなどはこちらから
ヘッドポーター シャチ

ヘッドポーター シャチ財布M

ヘッドポーター シャチ財布S

ヘッドポーター財布
シャチ黒白M

ヘッドポーター財布
シャチ黒灰M

ヘッドポーター財布
シャチ黒黒M

ヘッドポーター財布
シャチ黒白S
ヘッドポーター財布
シャチ黒灰S

ヘッドポーター財布
シャチ黒黒S

WALLET M
Khaki/Black
SOLDOUT

ヘッドポーターの概略

 現在日本の若者ファッションで、小物といえばポーター系列は欠かせないものとなっており、有名ブランドも自分の知名度アップのため、イメージ戦略としてポーターとのコラボレーション等も盛ん。ビームス、SONY、裏原系など、あげればたくさんでてくる。しかしその中で異色な存在がヘッドポーターである。単純に考えると、ポーターの限定品を発売する会社のように思われるが、実は吉田カバンとは違う経営体系の独立したものであることはあまり知られていない。名前が似てるだけで最初は系列会社と思われても仕方ないであろうが、しっかりとコンセプトをもった会社なのである。事実、吉田カバンの知名度をあげたのは、このヘッドポーターゆえといってもいい。限られたショップでしか取り扱いをしていないので、ポーターよりも日本の若者層には浸透。特に最近ではシャチボストンバックが人気を呼ぶが、これはドラマオレンジディズにて妻夫木くんがシャチボストンバックを着用したことが原因だ。丁度、就学、新社会人季節だったこともあって、このシャチボストンバックは、記録的なスマッシュヒットをした。ほとんど入手困難な状況を生み出し、シャチボストンバックは普段の1.5倍のプレミア価格まで生じさせた。さらにこの効果は、現在、シャチボストンバックだけでなく、シャチシリーズ全般にまで波及。またポーターの名前を一躍有名にした、キムタクがドラマでつかっていたのもこのタンカーシリーズのリュックであった。ヘッドポーターは基本的にポーターの機能性に加え、裏原宿で養われた独特の感性で先端ファッション、特にストリート系のファッションに特化。しかし、それだけ、使いづらそうな前衛的なファッションオンリーなアートを主張するものではない。使うシーンにたくさん対応できるように、ペンケース、コスメケース、旅行カバン、通学カバン、ビジネスカバン等、商品は豊富だ。ヘッドポーターが吉田カバンの単なるコラボレーションオンリーと違うところは、そのラインナップの豊富さと、生活のシーンでいろいろに使えるところである。独自の会社ともいえるほど、ラインナップは満足のいくものである。また、限定的なエリアでしか手に入らないので、マニア心もくすぐるのは間違いない。いずれにしても、ファッション性が非常に色濃いその人気は今後も続いていくことだろう。ちなみに、あのストリートのカリスマの藤原ひろし氏がプロディースという話である。

老舗吉田カバンって何?

吉田カバンとは、(株)吉田(設立 1935年)「一針入魂を精神に吉田吉蔵(ヨシダキチゾウ)が創業の会社が製作する、日本で1,2を争う海外でも通用するカバンブランドの総称でポーターの別名で特に裏原宿系の一つ。カバンはもとより、財布、バック、リュック、トート等、現在数百種類のラインナップがある。その中でポーターの限定商品と呼ばれる財布、バック、リュック、トートなどのがプレミア化して、ストリートの加熱気分をあおる。 現在吉田カバンことポーターは、確かに財布、バック、リュック、トート等、名作を数多くだして、高級な鞄としても名をはせてることはいえ、ビジネスマンにも愛用されるが、吉田カバンはどちらかとえば、若者のファッションに欠かせない、財布・バック、リュック等の小物を提供するブランドとして、さらに有名になる。芸能人の愛用者は、その質の高さと、海外でも通用するファッション性に引かれて、とてもたくさんいて、財布、バック、リュックなどいろいろマニアックに集める人もあるほどだ。実際ドラマの小道具としても、財布やバック、リュックはつかわれてていて、ドラマ放映の翌日には値段が跳ね上がる等の現象も生む。 吉田カバンのコンセプトは、確かにカバン屋で財布、バック、リュック、トートなどをつくるのであるが、他のブランドと違うところがあるなら、海外のエッセンスもよりよく吸収して、それを日本的な技術と融合して、現在の吉田の独特な形態を作り上げることによる。そしてポーターはストリートファッションと融合することによって、数多くの現象の中心にたつようになり、その財布、バック、リュック。トートはストリートの必携アイテムとみなされるようにもなる。 本HPでも取扱の多いものとしてさらに、吉田カバンはコラボレーションも多く存在。SONY、BEAMS、tmt、ミュージシャンなどとのコラボレートも多彩。やはり、ネームにおごることなく、ポーターは今も変わらぬ技術力の高さと丹念に作られる製品を見れば、別注作品をポーターに発注するのは当然といえるかもしれない。

ダブルネーム
(コラボレーション・コラボ)

 ダブルネームというのは、二つ以上のブランドが製作を共同して行うアイテムのこと。裏原宿ブランドでは話題性を集めるものにこのダブルネームアイテムがあります。特に人気ブランド同志が共同して作る場合は最強のコラボとも表現される。 ダブルネームはコラボ―れションと同じ意味で、通称コラボとも言われている。特にポーターは他の裏原宿ブランドの小物の部類の先駆者的な存在なために多くのブランドとコラボレーションを行っている。有名なところで BEAMS(ビームス)、TMT、ネイバーフット、エッセンシャルデザインなどがあげられる。作られるアイテムは財布が基本的に多いが、財布のみにとらわれず、トートバック、ボストンバック、ウォレットチェーンなどがある。 ベーシックなポーターメイドのみの商品にくらべて、コラボ側が様々に趣向をこらしてデザインしているため、されにそれが裏原宿ファンの話題を誘うが、また裏原とはあまり近くないポーターのみに注目しているユーザーにとっても、DISNEY、マイティーマウス、インベーダーなどの有名なモチーフなどにひかれてこうしたポーターのコラボレーションを手に入れる人も多い。 またポーターは最近になって、コラボをかなり種類多くつくるようになってきている傾向にある。PORTER × BEAMSのコラボも年1−2回程度だったのに、最近は年4回程度もポーターとコラボレーションを行っている。今年はマサコバ、ランドスケープの木目調デザイン、DISNEYとのコラボ、ビリーとのコラボ、ハリソンツイードのBEAMS限定モデルなど5種類以上にも及んでいる。 今後、種類が増えてくるこのようなポーターと裏原宿ブランドとのコラボモデルたちはストリート系ファッションだけでなくて、ポーターマニアたちの収集の対象となってもおかしくない様々なデザインで活況を呈する様子である。
有限会社BP工房 東京都公安委員会許可 第308940607528号